弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620

むち打ちで後遺障害非該当となりました。どうしたらいいですか?

HOMEよくある質問後遺障害について > むち打ちで後遺障害非該当となりました。どうしたらいいですか?

Question

交通事故に遭い、むち打ちで通院していましたが、医師より症状固定と言われたため、後遺障害の等級申請をしました。
結果は非該当でした。納得いかないのですが、この非該当という結果を受け入れるしかないのでしょうか。

Answer

交通事故に遭いむち打ちになったところ、後遺障害の等級が非該当となってしまった場合、異議申し立てをすることで、等級が変わることもあります。

後遺障害の等級認定がされず、「非該当」となったが、痛みは残存しており、「非該当」の決定に納得がいかない場合もこれで終了ではありません。
異議申立という手段があります。この異議申立は、再度自賠責保険会社に対し、後遺障害の等級認定につき、調査してもらうものです。ただし、1回目に提出した資料のみで異議申立をしても意味がありません。後遺障害に該当することを裏付けるような医学的な意見書や、新たな画像の取付、異議申立書の作成といった資料が必要となります。
これらの追加資料と共に、異議申立を行います。異議申立は、事前認定のように相手方保険会社が行ってくれるものではないため、被害者の方自身が行うことになります。病院で医師に新たに意見書を作成してもらったり、画像を撮ってもらったり、ましてや異議申立書を作成したりすることは容易なことではありません。
このようなときに弁護士に依頼をしていると大変心強くなります。
弁護士は異議申立に必要な資料を精査し、被害者の方に的確に指示をして資料を揃えるお手伝いをします。また、等級認定を受けるための異議申立書の作成をします。やみくもに主張するのではく、追加資料を根拠に後遺障害が残存している旨を説く書面です。これは交通事故案件を数多くこなしている経験豊富な弁護士だからこそできるものです。後遺障害の等級認定において非該当になったとしても、諦めずに弁護士に相談してみましょう。

ただし、異議申し立てをしたからといって当然に後遺障害等級が認定されるわけではありません。また、審査にも時間がかかる上に、上記のような資料を取り付けるための時間も費用も掛かります。身体の痛みを抱えながらこのような作業をすることは、精神的にも負担になる可能性があります。そのような場合は、一度弁護士に相談してみましょう。

  • 後遺障害非該当となっても、異議申し立てをすることが可能
  • 異議申し立てには等級認定に足りうる資料が必要となる