弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

保険会社ではなく加害者と直接示談交渉を進められないでしょうか?

HOMEよくある質問示談について > 保険会社ではなく加害者と直接示談交渉を進められないでしょうか?

Answer

相手方が任意保険に加入している場合は、その保険会社と交渉することになります。

交通事故において加害者である相手方と交渉する際、相手方が任意保険に加入している場合はその保険会社の担当者と交渉することになります。これは任意保険には、交通事故を起こした場合、保険会社が示談の代行をするという契約が含まれているからです。つまり、保険会社が加害者の代わりに示談をする権限があるということです。

この示談交渉行為につき、非弁行為に該当するのでは、という議論もなされましたが、賠償金を支払う側である保険会社はその金額につき利害関係を有するとして、非弁行為には当たらないと解されています。

以上の理由から、加害者が保険会社に示談交渉を任せている以上、被害者は保険会社と交渉することになり、これを拒絶して加害者と直接交渉するということは現実的にみて不可能であるといえます。

相手方が任意保険に加入していない場合や、任意保険に加入していたが保険料未払いで失効していた場合などは、加害者が保険会社の示談代行を利用できないため、加害者と被害者が直接交渉することになりますが、稀なケースといっていいでしょう。

  • 相手方と直接交渉するということはまれ
  • 保険会社には示談代行サービスというものがある
  • 相手方が任意保険に加入していない場合は、直接交渉することになる