弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故の示談交渉での時効は何年ですか?

HOMEよくある質問示談について > 交通事故の示談交渉での時効は何年ですか。

Answer

交通事故の損害と加害者を知ったときから3年です。

交通事故の損害賠償請求権にも時効が存在します。民法724条に規定されているように、被害者(またはその代理人)が交通事故の損害と加害者を知った時から3年です。また、事故の日から20年経過することでも時効になります。時効の起算日は事故の様態によって変わってきます。原則事故日当日は起算日に含みません。

物損事故 事故発生日の翌日から3年
人身事故(後遺障害がない場合) 事故発生日の翌日から3年
人身事故(後遺障害がある場合) 症状固定日の翌日から3年 (治療終了日または症状固定日の翌日を起算日として3年とすることもある)
人身事故(被害者が死亡した場合) 死亡した翌日から3年
加害者不明の事故 交通事故発生の翌日から20年
  • 交通事故にも時効がある
  • 時効は、基本交通事故発生の翌日から3年
  • 事故態様によって時効が変わることがある