弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

刑事裁判と民事裁判の違いを教えてください。

HOMEよくある質問示談について > 刑事裁判と民事裁判の違いを教えてください。

Answer

刑事裁判は加害者の有罪無罪、有罪の場合は量刑を審理します。民事裁判は損害賠償について審理します。

交通事故の裁判は刑事裁判と民事裁判があります。
そもそも、刑事裁判と民事裁判は目的が異なっている裁判であるということを理解することが必要です。刑事裁判は刑法をはじめとする刑罰が定められている法律に違反した者に対し、有罪か無罪かということと、有罪である場合の量刑、罰金や懲役刑といった処罰を国が与えると決定する裁判です。
交通事故における刑事裁判では、加害者の刑事責任を問うもので、起訴は検察官が行います。この刑事裁判においては、損害賠償については取り扱われませんので、被害者がお金を受け取ることはありません。
一方民事裁判とは、加害者または加害者の加入する保険会社が被害者に支払うべき賠償金の金額を決めるための裁判です。
交通事故における民事裁判では、被害者または被害者の遺族が原告となって、訴訟を提起することで始まります。裁判の内容も原告である被害者または被害者の遺族が主体的に決めることができます。原告が弁護士に依頼した場合は、原告代理人として弁護士が裁判に出頭し、裁判が進められます。

このように刑事裁判と民事裁判では、裁判の目的と当事者が変わってきます。

刑事裁判は、交通事故の加害者は被告人と呼ばれ、裁判に出廷します。そこで、起訴状に書かれた内容について、認めるかまたは認めないかの意見を述べます。認める場合、だいたい裁判は1回か2回の審理で終了し、判決が言い渡されることになります。
認めない場合は、複数回審理が行われることになります。その場合は尋問手続きを行われます。事故の関係者(被害者や目撃者など)が裁判所に呼ばれて、事故の話をすることになります。このときになって初めて事故の被害者は刑事裁判に関わることになります。

刑事裁判手続きでは被害者は特になにも関与することはありません。上記のように尋問ために法廷に呼ばれることがあるかもしれませんが、それ以外は介入することはありません。前述のとおり、起訴するのは検察官であり、加害者(被告人)の有罪無罪及び量刑を審理する場です。
刑事裁判は全ての交通事故において常に行われるわけではありません。悪質なもの、重大なものについてのみ行われます。罪名でいうと、危険運転致死傷や自動車運転過失致死傷罪などです。

刑事裁判において証拠とされた資料は、損害賠償を請求する際に重要な資料となります。また、刑事裁判で判断された内容(過失割合等)も損害賠償請求の際に影響することになります。

  • 刑事裁判は加害者の有罪無罪、量刑を審理する
  • 民事裁判は損害賠償について審理する