弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故における民事裁判について教えてください。

HOMEよくある質問示談について > 交通事故における民事裁判について教えてください。

Answer

交通事故において、損害賠償について争う場は、民事裁判になります。

刑事裁判は、加害者の有罪無罪及び量刑を審理する場であり、損害賠償については扱いません。また、起訴することができるのも検察官のみであり、被害者が関与することはできません。

事故の被害者または被害者の遺族が当事者(原告)となって、加害者(被告)に対して起こせる裁判は、民事裁判となります。民事裁判は上記のとおり、損害賠償の金額について取り決める場となります。民事裁判は、いつでも起こすことができ、裁判の内容を決めることができます。
民事裁判では、自分の意見を主張し、その主張について立証しなければなりません。裁判官はどちらの味方でもありません。この主張立証によって公平中立な立場から裁判官は判断を下すことになるので、主張立証ができなければ、敗訴となってしまいます。

また、民事裁判を起こす場合は、原告(被害者)が裁判費用を負担することになります。裁判に勝った場合、この裁判費用は加害者である被告の負担になるので、一旦負担する、と考えても構いません。ただし、裁判に負けた場合はこの費用は回収できません。

裁判は、訴状と共に必要書類と弁護士費用を除く費用を被告の住所地を管轄する簡易裁判所か地方裁判所、または交通事故発生場所を管轄する簡易裁判所か地方裁判所に納めることで始まります。

訴額が60万円以下の場合は、簡易裁判所にて少額訴訟として扱うことができます。この少額訴訟は原則として1日の裁判(期日)で審理が終わり、当事者に対して少ない負担で早期解決を図るための制度です。

裁判を起こす場合、必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。原告一人で裁判を起こして、進めていくことはできます。しかし、現実的な問題として、裁判手続きは非常に専門性の高い内容となっており、法律の素人が簡単に進められるものではありません。また、相手方(被告)が代理人として弁護士をたてた場合、法律の専門家と対峙しなければならなくなります。
このような理由から、裁判においては弁護士に依頼することが通例となっています。

裁判の判決に不服がある場合、上級裁判所に控訴または上告が可能です。この控訴と上告を併せて上訴といい、一審の判決に上訴するのが控訴、二審の判決に上訴するのが上告といいます。上訴はいつでもできるものではなく、期限が決まっています。

  • 交通事故の損害賠償は民事裁判で争う
  • 判決が出ても、不服があれば上級審に控訴、上告が可能