弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故で死亡した場合、慰謝料はどのようになりますか?

HOMEよくある質問慰謝料について > 交通事故で死亡した場合、慰謝料はどのようになりますか?

Answer

死亡慰謝料は自賠責保険基準と、任意保険会社の基準、弁護士基準(裁判所基準)の3種類があります。

交通事故により、被害者に遭った方が死亡した場合、賠償金を請求することができます。賠償金のうち死亡慰謝料は、上記の通り3種類の基準があります。

1つ目が、自賠責保険基準です。本人への慰謝料は350万円、遺族(被害者の父母、配偶者、子)が請求する場合は、本人慰謝料に加えて下記の金額となります。

請求する遺族の人数 金額
1名 550万円
2名 650万円
3名 750万円

※被害者に扶養家族がいる場合は、上記金額に200万円が加算される。

2つ目の基準は任意保険会社の基準ですが、これは各社異なるため、明確な金額は不明ですが、一般的に自賠責基準よりも高く、次に説明する弁護士基準より低いとされています。

3つ目の基準は、弁護士基準(裁判所基準)です。下記の表に従います。

被害者の属性 金額
一家の支柱 2800万円
母親または配偶者 2500万円
その他 2000万円~2500万円

この場合の「その他」とは、独身の男女、子ども、幼児などを指します。

このように3つの基準では、金額に差異があります。1つ目の自賠責保険基準の金額は金額が定められており、これ以上の金額が支払われることはありません。
一方、弁護士基準(裁判所基準)は、金額が大きいですが、必ずしも記載のとおりに支払われるというわけではありません。あくまでも基準となります。しかし、事故の条件によってはこの基準以上の金額が支払われる場合もあります。加害者が飲酒運転をしていた、ひき逃げをしたなどの過失が重大である場合は、死亡慰謝料増額の要素となりえます。他にも、加害者の交通事故後の態度がひどく誠実さを欠いていたり、証拠隠滅をしたりした場合も死亡慰謝料増額の要素となりえるでしょう。

  • 死亡慰謝料には3つの基準がある
  • 弁護士基準が一番高額になるが、目安である