弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故で後遺障害が残りました。慰謝料は増額されますか?

HOMEよくある質問慰謝料について > 交通事故で後遺障害が残りました。慰謝料は増額されますか?

Answer

後遺障害慰謝料というものを請求できます。

後遺症は怪我や病気の残存障害、残存症状のことを指します。後遺障害とは、この後遺症のうち、交通事故が原因であることが証明され、後遺障害の認定を受けることで認められるものです。

後遺障害慰謝料は、残存の後遺障害の等級が自賠責保険の等級に該当すると認められた場合、または裁判により後遺障害として認定された場合に発生する慰謝料です。後遺障害慰謝料は、自賠責基準、任保険会社の基準、弁護士(裁判)基準と3つの基準があります。

後遺障害等級別表

等級 弁護士(裁判)基準 任意保険の慰謝料 自賠責保険の慰謝料
1級 2800万円 1300万円 1100万円
2級 2370万円 1120万円 958万円
3級 1990万円 950万円 829万円
4級 1670万円 800万円 712万円
5級 1400万円 700万円 599万円
6級 1180万円 600万円 498万円
7級 1000万円 500万円 409万円
8級 830万円 400万円 324万円
9級 690万円 300万円 245万円
10級 550万円 200万円 187万円
11級 420万円 150万円 135万円
12級 290万円 100万円 93万円
13級 180万円 60万円 57万円
14級 110万円 40万円 32万円

任意保険の基準については、各社異なりますので、必ずしもこの表の金額になるとは限りません。しかしながら、金額は弁護士基準が一番高いのは明白です。弁護士に依頼した場合はこの弁護士基準を使用しますので、後遺障害慰謝料の金額が上がる可能性があります。

  • 交通事故で後遺障害が残った場合、等級によって後遺障害慰謝料が支払われる
  • 後遺障害慰謝料は基準によって金額が変わる