弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故でむちうちになった場合、慰謝料は増額できますか?

HOMEよくある質問慰謝料について > 交通事故でむちうちになった場合、慰謝料は増額できますか?

Answer

慰謝料は通院期間や算定基準によって変化します。また、後遺障害が残った場合は後遺障害慰謝料が支払われます。

交通事故における慰謝料は、交通事故で負った怪我のほかに受けた精神的苦痛を金銭で評価し、その精神的苦痛を満足させるためのものです。通院慰謝料(障害慰謝料)は、この通院している間の怪我の痛みや通院の手間等の精神的苦痛に対して支払われる慰謝料となります。

交通事故によるむちうちとは、首に強い力がかかることによりおきる首の捻挫のことを指します。交通事故の怪我でむちうちになるケースは多く、通院して治療をすることになります。むちうちは画像所見といった他覚所見がないほか、症状の出方も時期も様々であるため、医師も明確な治療期間を定められないことがあります。

ですので、交通事故に遭ってむちうちの症状がでた際には、ある程度の期間をおいて症状の様子を見る必要があるといえます。事故直後痛みが少なく、通院を少ししてやめてしまい、その後に痛みが再発した場合、通院を継続していないことによる、交通事故との因果関係を否定されてしまうおそれもあります。まずは治療を継続的にすることが重要です。

保険会社は、事故後3ヶ月ほどで治療の終了を打診してくる、または治療費の支払いを打ち切るといってくることがあります。このときに、まだ症状が残っていて通院を希望する場合は弁護士に相談することをおすすめします。

むち打ちの後遺障害

むちうちの症状が後遺障害となって残ってしまうことがあります。この場合、後遺障害の等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料を請求することが可能です。後遺障害の等級は自賠責保険に等級申請をすることで認定を受けることが出来ます。また、裁判で後遺障害が認められた場合も後遺障害慰謝料請求が可能です。
後遺障害慰謝料の金額は3つの基準で算定されます。自賠責基準、任保険会社の基準、弁護士(裁判)基準の3つです。このうち、弁護士(裁判所)基準の金額が一番高額となります。後遺障害の認定申請を含め、弁護士を介することで、弁護士基準を用いて請求することができますので、弁護士に相談することをおすすめします。

  • むちうちは適切な通院をすることが重要
  • むちうちも後遺障害がある
  • 算定に使用する基準によって慰謝料の金額は変わる