弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

後遺障害12級の場合の慰謝料はいくらになりますか?

HOMEよくある質問慰謝料について > 後遺障害12級の場合の慰謝料はいくらになりますか?

Answer

後遺障害12級の慰謝料では、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2つの慰謝料が問題となります。その金額は算定に使用する基準によって慰謝料の金額は異なります。

入通院慰謝料は、怪我の治療のために入通院した期間によって定められた慰謝料です。算定基準は、自賠責基準、任保険会社の基準、弁護士(裁判)基準と3つの基準があります。弁護士が介入する場合は最も高額な慰謝料が認められる弁護士基準となります。例えば、6か月間通院して12級の後遺障害となった場合の慰謝料を見ると、弁護士基準では116万円程が一つの基準となります。

後遺障害慰謝料は、残存の後遺障害の等級が自賠責保険の等級に該当すると認められた場合、または裁判により後遺障害として認定された場合に発生する慰謝料です。後遺障害慰謝料も入通院慰謝料と同様に、自賠責基準、任保険会社の基準、弁護士(裁判)基準と3つの基準があります。

具体的な後遺障害慰謝料額についてですが、後遺障害12級は、自賠責基準だと93万、任意保険会社基準だと100万円、弁護士(裁判)基準だと290万と算定されます。弁護士基準が一番高額となります。

弁護士に依頼することで、この一番高額である弁護士基準によって算定された慰謝料を請求することが可能になります。後遺障害12級の認定を受けられた場合には必ず弁護士に相談されることをお勧めいたします。

  • 後遺障害12級の慰謝料は算定に使用する基準によって異なる
  • 弁護士基準が一番高額なので、弁護士に依頼すれば慰謝料増額の可能性も出てくる