弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

後遺障害非該当となった場合の慰謝料はどうなりますか?

HOMEよくある質問慰謝料について > 後遺障害非該当となった場合の慰謝料はどうなりますか?

Answer

後遺障害非該当となった場合、後遺障害慰謝料は請求できません。入通院慰謝料のみ請求することになります。

交通事故における慰謝料は、交通事故で負った怪我のほかに受けた精神的苦痛を金銭で評価し、その精神的苦痛を満足させるためのものです。慰謝料には、通院慰謝料(障害慰謝料)、死亡慰謝料、後遺障害慰謝料と3種類あります。
入通院慰謝料は、怪我の治療のために入通院した期間によって定められた慰謝料です。
後遺障害慰謝料は、残存の後遺障害の等級が自賠責保険の等級に該当すると認められた場合、または裁判により後遺障害として認定された場合に発生する慰謝料です。

この後遺障害が認定されず、非該当となることがあります。非該当となる理由は3つあります。

1 症状に他覚的所見がない

むちうちなどでよくいわれることですが、医学的証拠、いわゆるレントゲン等の画像診断や検査で、異常がみられないことを他覚的所見がないといいます。

2 通院回数が少ない

交通事故で受傷した場合、通院して治療をすることになりますが、その通院回数が少ないと客観的にみて、症状が重くないという判断がされがちです。この通院回数、頻度はよく問題になりますので、症状があるうちは定期的に通院することが重要になります。

3 自覚的所見を証明できない

後遺障害の認定を受けるためには、医師に後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。そのためには、医師に自分の症状を正しく具体的に伝えることが重要なポイントになってきます。

後遺障害の等級認定を受けられなかった、つまり非該当と判断された場合、後遺障害慰謝料は請求できません。入通院慰謝料(傷害慰謝料)のみを請求することになります。この入通院慰謝料は、3つの基準があります。自賠責基準、任意保険会社の基準、そして弁護士(裁判所)基準です。弁護士基準が一番高額な基準となりますので、後遺障害が非該当で慰謝料の増額を見込みたい場合は、弁護士に相談して、この弁護士基準を用いて請求してもらうことが最良の手段でしょう。

  • 後遺障害非該当となった場合は、後遺障害慰謝料は請求できない
  • 後遺障害非該当となった場合の慰謝料請求は、入通院慰謝料のみとなる