弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

示談後のリハビリ等の治療費は保険から支払われますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 示談後のリハビリ等の治療費は保険から支払われますか?

Answer

原則支払われません。しかし、リハビリや治療を継続しなければ、現在よりも症状が悪化してしまう、現在の状態を維持するため、といった正当性、必要性があれば、「将来治療費」として、損害賠償が認められることがあります。

症状固定とは、交通事故によって負った障害が、これ以上の治療を施しても、症状が改善される見込みのない状態をいいます。つまり、今後治療を継続しても意味のない治療と判断されるため、症状固定後の治療費は原則として、支払いの対象とはなりません。示談は症状固定後に行われるため、示談後の治療は症状固定後の治療と同義になります。

では、医師から症状固定と診断されたが、リハビリを継続するように指示を受けた場合はどうなるのでしょうか。この場合、リハビリや治療を継続しなければ、現在よりも症状が悪化してしまう、現在の状態を維持するため、といった正当性、必要性があれば、「将来治療費」として、損害賠償が認められることがあります。将来治療費が認められると、将来手術が予定されている場合にはこの手術費も含まれますし、入院に付随する雑費や付添看護費、通院交通費も含まれることになります。なお、将来の手術や予定されている場合は、その証明が必要となります。

その他、症状固定後の治療費が「将来治療費」として認められるケースとしては、植物状態(遷延性意識障害)になって、将来にわたって治療費が生命維持のために必要となる場合や、治療を継続しなければ、身体的苦痛が継続してしまう場合等があります。

以上のように症状固定後の治療費については、原則支払いは認められないため、治療を継続する必要性、正当性を示す必要があり、医学的根拠が必要となります。

  • 症状固定後(示談後)の治療費は原則として支払われない
  • 治療継続の正当性・必要性があれば認められる場合もある