弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

夫の運転する車に乗っていて事故に遭いました。治療費は保険から支払われますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 夫の運転する車に乗っていて事故に遭いました。治療費は保険から支払われますか?

Answer

自賠責保険から治療費の支払いを受けることができます。

夫の運転する車に同乗していた妻が、交通事故により受傷した場合、保険会社に治療費を請求できるかどうかという問題があります。

最高裁昭和47年5月30日判決で、妻が自動車損害賠償保障法3条「自己のために自動車を運行の用に供する物は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」に定める「他人」にあたるかが争点となり、裁判所は「夫婦の一方が不法行為によって他の配偶者に損害を加えたときは、原則として、加害者たる配偶者は、被害者たる配偶者に対し、その損害を賠償する責任を負うと解すべきであり、損害賠償請求権の行使が夫婦の生活共同体を破壊するような場合には権利の濫用としてその行為が許されないことがあるにすぎないと解するのが相当である。」としました。

つまり、妻は「他人」にあたるとしたのです。ということは、自賠責保険によって治療費の支払いを受けることができるということです。

ただし、妻が運行供用者となる場合、自賠責保険の支払いを受けることはできません。この場合の運行供用者とは、車の登録名義が妻であり、妻の指示により、夫が運転していた際に事故に遭ったといったケースを指します。

また、任意自動車保険の場合は自動車保険普通保険約款第1章5条2号、3号に、親族が被害者になった場合、保険金を支払わない旨を規定していますので夫の運転で同乗者の妻が受傷した場合、妻は任意保険による対人賠償保険の支払いを受けることができません。 任意自動車保険の対人賠償の支払いを受けられない際にも、加入している保険に搭乗者傷害保険(同乗者の怪我や後遺障害、死亡に対して支払われます。)が組み込まれている場合、同乗者である妻も保険の支払いを受けることができます。また、交通事故により怪我負ったり、死亡したりした場合、被保険者やその家族が補償を受けることができる人身傷害保険も同様の支払いを受けることができます。

  • 夫の運転する車に乗って事故に遭い受傷した場合、治療費は支払われる
  • ただし、受傷した妻が運行供用者であった場合は、支払いを受けられない
  • 任意保険では支払いを受けられないが、搭乗者傷害保険が組み込まれていれば、支払いを受けることができる