弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

経営が赤字であっても、休業損害は認められますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 経営が赤字であっても、休業損害は認められますか?

Answer

経営が赤字であっても認められる場合があります。

交通事故で受傷した被害者が、自営業者であった場合も、入院や通院により収入が減少してしまったのであれば、加害者に休業損害を請求できます。

その際休業損害は、事故の前年の確定申告の所得から1日当たりの基礎収入を算出して休業損害を算定します。

では、前年の経営が赤字であった場合は休業損害が認められないのでしょうか。認められないとなると、交通事故の被害者は泣き寝入りということになってしまいます。被害者救済がなされないままでは、妥当とな言い難いでしょう。

経営が赤字であっても認められる場合があります。この場合の計算方法は事案により様々です。交通事故によって営業できなくなったことにより、今ある損失がさらに拡大したと解釈し、その拡大した損失部分を休業損害と捉えて算出する場合や、たとえ営業していなくても常に発生する固定経費(店舗や事務所賃料等)を基礎収入として計算する場合などがあります。固定経費を基礎収入として計算する場合は以下のような計算式になります。

前年の固定経費の総額÷365×休業日数

また、賃金センサスを使って算定する場合もあります。しかしこの場合、実際に賃金センサスで示される程度の所得が見込まれることを証明する必要があります。

以上のように自営業者でかつその経営が赤字であった場合も、交通事故により休業を余儀なくされた際には、休業損害が認められることがあります。

しかしながら、この場合は個々の事案ごとに算定方法をみていく必要があるでしょう。

  • 経営が赤字でも交通事故でも休業損害が認められる場合がある