弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

後遺障害の等級認定を受けましたが、収入の減少がないことを理由に逸失利益を否定されました。なぜでしょうか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 後遺障害の等級認定を受けましたが、収入の減少がないことを理由に逸失利益を否定されました。なぜでしょうか?

Answer

逸失利益は交通事故によって後遺障害が残ったことにより将来得られたはずの収入を損害として請求することです。逸失利益の性質上、将来における収入減の可能性がない場合は、否定されることになります。

判例(最判S56.12.22)では、「かりに交通事故の被害者が事故に起因する後遺症のために身体的機能の一部を喪失したこと自体を損害と観念することができるとしても、その後遺症の程度が比較的軽微であって、しかも被害者が従事する職業の性質からみて現在又は将来における収入の減少も認められないという場合においては、特段の事情のない限り、労働能力の一部喪失を理由とする財産上の損害を認める余地はないというべきである。」として、原則として現実の収入の減少がなければ、逸失利益は認められないとしています。

また、上記特段の事情を左記のように判例は示しています。「事故の前後を通じて収入に変更がないことが本人において労働能力低下による収入の減少を回復すべく特別の努力をしているなど事故以外の要因に基づくものであつて、かかる要因がなければ収入の減少を来たしているものと認められる場合とか、労働能力喪失の程度が軽微であつても、本人が現に従事し又は将来従事すべき職業の性質に照らし、特に昇給、昇任、転職等に際して不利益な取扱を受けるおそれがあるものと認められる場合など、後遺症が被害者にもたらす経済的不利益を肯認するに足りる特段の事情の存在を必要とするというべきである。」このような場合には逸失利益は認められるということです。
つまり、収入の減少にならないように、交通事故以前よりも売上を伸ばす努力をしていたこと、会社員としての将来的なキャリアパスにおいて、昇進昇給が遅れたりすること、実際に業務に支障をきたしていること、就労先の配慮によって収入の減少が回避されていることなどの事情があれば、現実の収入の減少がなくても、逸失利益が認められるということです 。

  • 将来における収入の減少の可能性がなければ、逸失利益は否定される