弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

顔に傷が残りました。逸失利益は認められますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 顔に傷が残りました。逸失利益は認められますか?

Answer

逸失利益を認めない保険会社もありますが、一方で逸失利益を認めた裁判例もあります。

逸失利益とは、交通事故に遭わなければ得られるはずであった利益を損害として補填することをさします。では、交通事故で負った後遺障害の箇所が顔であった場合この逸失利益は認められるのでしょうか。この場合、重要な点は「本体得られるはずであった利益」が、交通事故の後遺障害により喪失してしまったか否かがです。顔に後遺障害が残ったとしても、就労することに影響がないと判断されることがあります。つまり、労働力喪失率や労働能力喪失期間が認められないということです。実際保険会社では、前述のように判断し、逸失利益を0と算定するところもあります。

しかし、裁判例をみてみると、顔の傷について逸失利益を認めた例もあります。もっとも、一概に全ての顔の傷の後遺障害における逸失利益が認められるわけではありません。被害者の職務内容、傷の部位・状態、年齢等を考慮して、顔の傷が被害者の職務にどのように影響を及ぼすのかということが判断されます。影響が大きいと判断された場合、遺失利益が認められうるということです。
具体的には、芸能人やモデル、人と対面する必要のある業務に従事するひとが認められる傾向にあります。

また、逸失利益が認められない場合は、慰謝料の増額事由となることがあります。

以上のように、交通事故による後遺障害が顔の傷として残った場合の逸失利益の認定については、個別に判断されるものですので、弁護士に相談することをお勧めします。

  • 顔に傷が残った場合の逸失利益は、個別判断される