弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

オートバイで交差点直進中に巻き込み事故に遭いました。過失割合はどうなりますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > オートバイで交差点直進中に巻き込み事故に遭いました。過失割合はどうなりますか?

Answer

巻き込み事故とは、交差点を右左折する自動車や、交差点を直進しようとした二輪車と接触した際におこる交通事故のことを指しますが、過失割合は事故の詳しい態様によって変化します。

巻き込み事故とは、交差点を右左折する自動車や、交差点を直進しようとした二輪車と接触した際におこる交通事故のことを指します。この事案で問題となるのが、過失割合についてですが、事故の詳しい態様によって過失割合も変化します。具体的にみていきます。

1 自動車が左折合図ののち左折を開始したところにバイクが衝突した場合で

  • A 自動車の左端寄が十分である場合は、バイク運転手に、自動車の左折予測ができたとして、バイクの過失割合が大きくなり、自動車60対バイク40とされます。
  • B 自動車の左端寄が十分手なかった場合は、バイク運転手に自動車左折の予測ができなかったとして、過失割合は自動車80対バイク20になります。

2 直進するバイクを追い越して左折した場合

バイクを追い越して左折したということは、自動車の運転手は後続にバイクがいることを知っていて左折したことになります。さらに交差点30m以内の追い越しであった場合は、追い越し禁止違反にもなりますので、自動車の過失割合が大きくなり、自動車90対バイク10と評価されます。 

また、修正要素として以下のものが挙げられます。

・自動車の加算要素

自動車の左折合図の遅れ
自動車の左折合図なし
自動車の著しい過失
自動車の重過失
自動車の大回り左折や鋭角左折

・自動車の減算要素

バイクの著しい前方不注視
バイクの減速違反
バイクの著しい過失
バイクの重過失

また、バイクが左折、自動車が直進だった場合もみていきます。

  • 1 先行していたバイクが左折合図を出したのち左折開始後、後続自動車が衝突した場合は、左折バイクに左折方法違反があるので、バイクの過失割合が大きくなり、自動車50対バイク50とされます。
  • 2 バイクが直進自動車を追い越して左折した場合は、左折バイクに左折方法違反があるので、バイクの過失割合が大きくなり、自動車50対バイク50とされます。

しかし、左折自動車と同様に修正要素があり、事故様態によって過失割合は変わることがあります。

・バイクの加算要素

バイクの左折合図の遅れ
バイクの左折合図なし
バイクの著しい過失
バイクの重過失
バイクの大回り左折や鋭角左折

・バイクの減算要素

自動車の著しい前方不注視
自動車の減速違反
自動車の著しい過失
自動車の重過失
  • 巻き込み事故とは、交差点を右左折する自動車や、交差点を直進しようとした二輪車と接触した際におこる交通事故のこと
  • 巻き込み事故の過失割合は事故態様によって変わってくる