弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

ゼブラゾーンでの過失割合について教えてください。

HOMEよくある質問損害賠償について > ゼブラゾーンでの過失割合について教えてください。

Answer

ゼブラゾーンとは、道路上にある縞模様の道路標示のことを指します。 ゼブラゾーン走行中に事故を起こした場合、以下のような過失割合の修正要素があります。

ゼブラゾーンとは、道路上にある縞模様の道路標示のことを指します。交差点等を通行する際に、自動車やバイクが円滑に走行する目的で設置されていますが、このゼブラゾーンの立ち入り、横断、走行についての禁止条項や罰則はありません。しかし、ゼブラゾーンを走行していた自動車やバイクが交通事故を起こした際、次のような場合においては過失割合の修正要素となり、10%から20%の加算要素となります。

1 道路外から道路に進入するために右折する際に、ゼブラゾーンの走行車両と衝突した場合

  過失割合:右折車60~70対ゼブラゾーン車両30~40

2 道路外に出るために右折する際に、ゼブラゾーンの走行車両と衝突した場合

  過失割合:右折車70~80対ゼブラゾーン車両30~20

3 進路変更する際に、ゼブラゾーンの後続直進車両と衝突した場合(右折するために右折レーンに進路変更した車両が、ゼブラゾーンを走行して失せるレーンに進入してきた後続車と衝突した場合)

  過失割合:進路変更車両50~60対ゼブラゾーン車両40~50

  • ゼブラゾーンは 、道路上にある縞模様の道路標示のこと
  • ゼブラゾーン走行中に事故を起こした場合、過失割合の修正要素がある