弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

ショッピングモール駐車場での過失割合について教えてください。

HOMEよくある質問損害賠償について > ショッピングモール駐車場での過失割合について教えてください。

Answer

ショッピングモール駐車場での事故は、 常の過失割合とは異なった判断をされやすくなります 。

駐車場は車を駐車しておくことが目的の場所であること、駐車のために車の進行方向が変わりやすいこと、歩行者が通路を通行しやすい場所であること等を踏まえて、通常の過失割合とは異なった判断をされやすくなります。下記に具体的にみていきます。

1 駐車場内通路における出合い頭事故 

過失割合は50対50になります。ただし、一方の通路が明らかに広い場合や、一時停止・進行方向指示器違反、その他著しい過失、重過失があった場合は、その車の加算要素となります。

2 通路を進行する自動車と駐車スペースから出て通路に進入しようとした自動車との事故

過失割合は進行車30対退出車70が基本過失割合となります。これは、駐車スペースから出て通路に進入しようとする車のほうに、より大きな注意義務があると解されるからです。ただし、どちらかの車に著しい過失、重過失が認められる場合は、それぞれの加算要素となります。

3 通路を進行する自動車と通路から駐車スペースに進入しようとしている自動車との事故

過失割合は進行車80対進入車20が基本過失割合となります。これは、駐車場は駐車することが目的であるため、進行車のほうにより大きな注意義務があると解されるからです。ただし、どちらかの車に著しい過失、重過失が認められる場合は、それぞれの加算要素となります。

また、この場合駐車スペースに進入しようとしている車が前進で進入しようとしていても、後退で進入しようとしていても過失割合に変わりはありません。一旦駐車スペースに入れた後に、切り替えしのため駐車スペースから通路に進入した場合は、ケース2と同様に考えます。

では、駐車場における歩行者と自動車との事故の場合はどうなるでしょうか。駐車場は自動車が駐車する場所であると同時に、駐車した車から乗降する場所でもあります。つまり、車は常に歩行者の往来を予見することができ、それを注意する義務があります。そこで、歩行者10対自動車90が基本過失割合となります。

1 通路上での事故

過失割合は歩行者10対自動車90となります。ただし、歩行者の飛び出しがあった場合は歩行者の加算要素となり、反対に車の方に著しい過失、重過失が認められる場合や、歩行者が幼児。児童・高齢者・身体障害者であった場合、歩行者通路の表示上の事故であった場合は車の加算要素となります。

2 駐車スペース上の事故    

過失割合は歩行者10対自動車90となります。ただし、車の方に著しい過失、重過失が認められる場合や、歩行者が幼児。児童・高齢者・身体障害者であった場合は車の加算要素となります。

  • ショッピングモール駐車場での事故は、通常の過失割合とは異なった判断がされやすい