弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

Uターン事故の場合の過失割合はどうなりますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > Uターン事故の過失割合はどうなりますか?

Answer

この場合はUターンした方の車の過失割合がより大きくなります。

道路交通法25条の2第1項に、正常な交通を妨害するおそれのあるときはUターン禁止と定められています。したがって、この場合はUターンした方の車の過失割合がより大きくなります。しかし、一方で、直進車に全くの過失がないかというとそうではありません。直進車はUターンに気づく可能性があり、道路交通法70条により、交通事故未然に防ぐ安全運転義務があると定められているため、過失0にはなりません。

Uターン事故は2つのパターンがあります。Uターン途中に直進車と事故になるパターンと、Uターンした後に直進車と事故になるパターンです。

〈車対車〉

  Uターン車 直進車
Uターン途中 80 20
Uターン終了後 70 30

ただし、直進車に15km以上の速度違反、30km以上の速度違反、著しい過失、重過失がある場合は直進車の過失割合の加算要素となります。一方、Uターン車に、Uターンの合図なし、回転危険場所、禁止場所、著しい過失、重過失が認められる場合は、Uターン車の過失割合の加算要素となります。

〈車対バイク〉

  Uターン車(車) 直進車(バイク)
Uターン途中 90 10
Uターン終了後 80 20

バイクの過失が少なくなる傾向にあります。ただし、直進車(バイク)に15km以上の速度違反、30km以上の速度違反、著しい過失、重過失がある場合は直進車(バイク)の過失割合の加算要素となります。一方、Uターン車に、Uターンの合図なし、回転危険場所、禁止場所、著しい過失、重過失が認められる場合は、Uターン車の過失割合の加算要素となります。

  Uターン車(バイク) 直進車(車)
Uターン途中 70 30
Uターン終了後 60 40

ただし、直進車に15km以上の速度違反、30km以上の速度違反、著しい過失、重過失がある場合は直進車の過失割合の加算要素となります。一方、Uターン車(バイク)に、Uターンの合図なし、回転危険場所、禁止場所、著しい過失、重過失が認められる場合は、Uターン車(バイク)の過失割合の加算要素となります。

  • Uターンした車の過失割合が大きくなる
  • しかし、直進車の過失割合が0になることはない