弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

道路を横断している歩行者と車の事故における過失割合について教えてください。

HOMEよくある質問損害賠償について > 道路を横断している歩行者と車の事故における過失割合について教えてください。

Answer

横断歩道上での交通事故の場合、過失割合は原則として歩行者対自動車は0対100です。 以下の場合過失割合が変化します。

横断歩道上での交通事故の場合、過失割合は原則として歩行者対自動車は0対100です。これは、横断歩道上は歩行者優先ということが道路交通法によって定められているからです。では、横断歩道上で歩行者の過失が問われる場合はどのようなケースでしょうか。

歩行者側の信号が赤信号であった場合かつ

自動車が直進している場合 歩行者70 自動車30
自動車が右左折しようとしている場合 歩行者50 自動車50

横断歩道外での歩行者と車の事故における過失割合は基本、歩行者20対自動車80です。

横断歩道も信号もない道路を歩行者が横断して交通事故に遭った場合は、歩行者の過失割合が10~30と変わります。

また、歩行者に過失があるとされるときは、例えば急な飛び出しであったり、信号無視であったりする場合です。これは歩行者にも安全確認を怠ったとして過失割合が増えます。

  • 歩行者が横断歩道上を横断していた場合の車との事故は基本歩行者の過失は0になる
  • 横断歩道の信号が赤であったり、横断歩道外を歩行中でであったりすると、歩行者の過失割合が変わる