弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

追い越しの際の事故、過失割合はどうなりますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 追い越しの際の事故、過失割合はどうなりますか?

Answer

追越車の過失割合の方が大きくなります。

「追越しをしようとする車両は、反対方向や広報からの交通、全車の前方の交通に十分食う意思、前車の速度と進路、道路の状況に応じて、出来る限り安全な速度と方法で進行しなければならない。」と、道路交通法28条4項に規定がある通り、追越車にはこれら4つの注意義務があり、それを怠った場合の過失割合は大きいと考えられるからです。

〈追越し禁止の場所での追越し事故〉

追越し禁止の場所とは、

  • 1 道路標識等により追越しが禁止されている場所
  • 2 道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近、勾配の急な下り坂
  • 3 トンネル(車両通行帯のもうけられた道路を除く)
  • 4 交差点(優先道路の場合を除く)、踏切、横断歩道、自転車横断帯の手前30m以内の部分

と、道路交通法30条で定められています。

追越しの基本過失割合:追越車90対被追越車90

ただし、被追越車の、左端に寄って譲る注意義務違反、追越完了前の加速、著しい過失、重過失が認められる場合は、被追越車の過失割合に加算要素があります。一方、追越車の著しい過失、重過失が認められる場合は、被追越車の過失割合の減算要素となります。

〈追越し禁止でない場所での追越し事故〉

追越しの基本過失割合:追越車80対被追越車20

ただし、被追越車の、左端に寄って譲る注意義務違反、追越完了前の加速、著しい過失、重過失が認められる場合は、被追越車の過失割合に加算要素があります。一方、追越車の著しい過失、重過失が認められる場合は、被追越車の過失割合の減算要素となります。

〈追越し危険場所での追越し事故〉

追越し禁止場所でない追越し事故の基本過失割合に、追越車の過失割合を5ほど加えた割合になります。追越し危険場所は、追越しが危険であることの他に、被追越車が左に寄って進路を追越車に譲ったり、衝突回避行動をとったりすることが難しいと考えられるからです。

  • 追い越しの際の交通事故では、追い越した車の過失割合が大きくなる
  • 修正要素によって過失割合が異なってくる