弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

会社の車でセンターラインオーバーの車と正面衝突しました。会社は過失を問われますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 会社の車でセンターラインオーバーの車と正面衝突しました。会社は過失を問われますか?

Answer

センターラインオーバーの正面衝突の過失割合は、原則センターラインオーバー方の過失が100です。 しかし、 対向車に過失が認められた場合、会社は運行供用者責任を問われる可能性があります。

センターラインオーバーの正面衝突の過失割合は、原則センターラインオーバー方の過失が100です。道交法により、車両は道路の中央から左側部分を通行しなければならないこと、道路の左側に沿って通行しなければならないことが定められています。ですので、センターラインオーバーというのは、上記道交法違反となり、100%の過失とみなされます。
しかし、具体的な運行態様により、過失割合が変わってくる場合があります。例えば判例では、対向車のセンターラインオーバーを予見できた場合や、速度超過で走行していた場合などは対向車の過失を認めています。

ここで、対向車に過失が認められた場合、会社は運行供用者責任を問われる可能性があります。運行供用者責任とは、自己のために自動車を運行の用に供する者に損害賠償責任を負わせるということです。従業員の使用する自動車について運行を支配し、運行利益を得ているということで、この運行供用者責任を負うと解されます。

ただし、自己及び自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと、自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかったこと、を証明すれば、運行供用者責任は免責されます。

  • センターラインオーバーの正面衝突は、センターラインオーバーの車両に全面的な過失が認められる
  • 対向車に過失が認められた場合、会社は運行供用者責任を問われる可能性がある