弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

厚生年金受給者の夫が交通事故で死亡した場合、遺族年金は支給されますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 厚生年金受給者の夫が交通事故で死亡した場合、遺族年金は支給されますか?

Answer

死亡した被保険者が以下の要件を満たせば、遺族厚生年金を受給できます。

  1. 厚生年金加入者が死亡した場合
  2. 厚生年金加入中に初診日がある傷病がもとで初診日から5年以内に死亡した場合
  3. 老齢基礎年金の資格期間を満たした人が死亡した場合
  4. 所定等級の障害厚生(共済)年金を受けられる人が死亡した場合

1と2の要件は、保険料をもれなく納付していたことが必要となってきます。

〈受給要件〉

  1. 死亡した月の前々月までの加入期間の3分の2以上、保険料が納付または免除されていること
  2. 死亡した月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと(死亡時65歳未満であること、平成28年4月1日以前に死亡した場合、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がないこと。) 

厚生年金は給与から天引きされるものなので、滞納は原則としてありません。

〈支給対象者〉

配偶者または子、父母、孫、祖父母の中で優先順位の高い人にのみ支給されます。また、子どもがいない配偶者であっても、遺族厚生年金は受給可能です。ただし、子どものいない配偶者は夫が死亡時に30歳未満の場合、5年間しか受給できません。しかし、40歳以上の配偶者であれは、65歳になるまで、中高齢寡婦加算が加算され、支給されることもあります。

〈受給額〉

妻と子がいる会社員や公務員の方が死亡した場合、妻と子は遺族厚生年金の他に、遺族基礎年金が受給できます。

 会社員の妻が死亡したときに夫が55歳以上であれば、夫も遺族厚生年金が受給できます。ただし、遺族基礎年金を受給できる場合以外は、遺族厚生年金の支給は60歳からとなりますので、注意が必要です。

末子が18歳に到達する年度末になると遺族基礎年金の受給資格がなくなってしまいますが、妻の場合はその後に中高齢寡婦加算が受給できるようになります。寡婦加算の要件は、生計を同じくしている子がいない、遺族基礎年金を受給できなくなったなどがあります。

  • 厚生年金受給者が交通事故で死亡した場合、要件を満たせば、遺族は遺族厚生年金の支給を受けることができる