弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故で全損した自動車の修理代は請求できますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 交通事故で全損した自動車の修理代は請求できますか?

Answer

交通事故で車両が全損した場合、損害として請求できるのは、修理費か、修理車両の時価額と買替諸費用から下取り費用を差し引いた金額のどちらか低い方の金額です。

交通事故で車両が損壊した場合、その修理費用を損害として相手方に請求することが可能です。 修理不能になり、買替となった場合、修理費車両時価額と買替諸費用の範囲で損害賠償請求が認められます。

買替の場合、下取り価額は差し引かれることになります。ですので、買替により新車を購入することは可能ですが、その全額が補償されるわけではないことに注意が必要です。

車両時価は、有限会社オートガイド社発行の「オートガイド自動車価格月報」、通称レッドブックを利用して算定します。

また、現実に修理をしていない状態であっても修理費用の損害賠償請求は発生するので、修理費用の見積もりを作成してもらう必要があります。

自賠責保険・自賠責共済は対人補償のみになりますので、物損は補償の範囲外となります。加害者が任意保険に加入していない場は、加害者本人に請求するか、被害者自身加入の車両保険を利用するかのどちらかになります。

  • 車が全損した場合、損害として請求できるのは、修理費か、修理車両の時価額と買替諸費用から下取り金額を差し引いた金額の、どちらか低い方