弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

物損事故の損害賠償請求について具体的に教えてください。

HOMEよくある質問損害賠償について > 物損事故の損害賠償請求について具体的に教えてください。

Answer

物損事故によって生じた損害について、以下のような損害が賠償請求可能となる場合があります。

1 車両破損による損害

事故によって生じた車両破損の修理費用です。修理費用が認められるのは受けた損傷を修理するのに相当かつ必要の範囲内のみです。また、修理費用が車両の時価額に、買い替え諸費用を加えた金額を上回る場合は、時価額までの請求になります。

なお、時価額は、有限会社オートガイド社発行の「オートガイド自動車価格月報」、通称レッドブックを利用して算定します。

修理不能になり、買替となった場合、当該事故車両時価額と買替諸費用の範囲で損害賠償請求が認められます。この場合、下取り価額は差し引かれることになります。

その他、車両を修理したにもかかわらず、車両の機能やその外観完全に回復しなかった場合は、評価損が認められる場合があります。判例では、年式が新しく高額な車両にこの評価損が認められる傾向にあるようです。

2 代車使用料

事故車両を修理している間に使用した代車使用料が損害として認められることがあります。しかし、全ての金額が無限に認められるわけではありません。レンタカー代として認められるためには、代替車も代替交通機関もなく、通勤、通学等日常的に使用するという代用車の必要性や、修理期間が相当であること、代車のグレードが事故車両と同種同年式であるという相当性が求められます。

3 休車損害

休車損害とは、事故によって車両が使用できなくなったことにより、営業活動ができず、売上の減少が生じたことによる損害のことをいいます。緑のナンバープレートを有する車両が対象となります。しかし、当該事故車両以外に遊休車がある場合、この損害は認められません。

4 その他

事故が原因で破損した上記に含まれない損害(眼鏡、携帯電話、時計等)も請求することができる場合があります。

なお、物損事故では、当該事故車両が修理されれば精神的苦痛は回復するとして、別途慰謝料請求は認められていません。

  • 物損事故の損害賠償請求の内容は、車両破損による損害、代車使用料、休車損害等である
  • 上記全てが損害として認められるとは限らない