弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

納車まもない新車の事故の場合、新車の損害賠償請求はできますか?

HOMEよくある質問損害賠償について > 納車まもない新車の事故の場合、新車の損害賠償請求はできますか?

Answer

新車の損害賠償請求は難しいと考えられます。

交通事故で、車両が損壊した場合、相手方にその修理費を請求することができます。また、修理不能になり、買替となった場合修理費車両時価額と買替諸費用の範囲で損害賠償請求が認められます。この場合、下取り価額は差し引かれることになります。買い替えは、修理不能であるということが物理的に認められるとき、または買い替えることが社会通念上相当と認められるときに限り、認められるものです。

修理不能は、文字通り修理不能な状態を指します。一方、買い替えをすることが社会通念上相当と認められるときというのは、判例によると「フレーム等の外での本質的構造部分に重大な損傷の生じたことが客観的に認められる」ときとしています。

納車して間もない新車は、新車とはいえ購入前と比べて市場価格は下がります。いわゆる登録落ちといわれるものです。この登録落ちを考慮すると、新車への買い替えは認められないと考えられます。

また、納車間もないとはいえ、一般の車両と同様に公道において通常の運転利用をされていたこと等から、上記登録落ちということを考慮して、新車への買い替えが否定された判例があります。

よって、納車間もないということが、車両買い替えの社会通念上相当と認められる事情にあたらないと考えられます。

  • 納車まもない新車の事故でも、新車の損害賠償請求は難しい