弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

むち打ちに種類はありますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > むち打ちに種類はありますか?

Answer

むち打ちにも種類があります。

むち打ちは,正確な診断名としては、頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などと呼ばれます。平たい言い方をすれば、首又は腰の捻挫といえますが、交通事故で首又は腰に不自然な強い力がかかったことで、その周辺の筋肉や神経が傷ついたことによるものととらえるとよいでしょう。

むち打ちには、以下のような種類があります。

1 頸椎捻挫型

一般で言われるむち打ちとは、この頸椎捻挫型を指すことが多いです。首の捻挫や靭帯損傷が起きており、首から肩にかけての痛み・違和感や頭痛といった症状が出ます。保険会社では3か月をめどに治療の完了を打診してくることが多いですが、3か月以上の治療を必要とする場合もあります。医師の相談の元、症状固定まで治療を続けましょう。

2 神経根型

首の骨の歪みなどが原因で、神経の根元を痛めている状態のことを指します。首や腕、後頭部、顔面と広範囲にわたって痛みがでることがあります。また、腕の痺れや知覚障害が生じることもあり、頸椎捻挫に比べて治療期間が長くなる傾向にあります。

3 バレー・リュウ症候群

むち打ちによって自律神経に影響が出ることで、頭痛やめまい、吐き気などを引き起こす症状のことを指します。頭痛やめまい、吐き気、場合によっては難聴や耳鳴りなどを引き起こすこともあります。

4 脊髄症状型

脊髄や脊髄から伸びている神経の損傷のことを指します。首や腕だけでなく、足にまで痛みが広がります。また、足のしびれや知覚障害によって歩行困難になったり、排せつ障害になったりすることもあります。脊髄の損傷はMRIやレントゲンで確認できます。なお、今日ではこの脊髄症状型はむち打ちに含まれないと考えられています。

  • むち打ちは頸椎捻挫や外傷性頸部症候群などといわれる
  • むち打ちにも種類がある