弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

むち打ちの治療費は3か月しか支払われないのですか?

HOMEよくある質問後遺障害について > むち打ちの治療費は3か月しか支払われないのですか?

Answer

保険会社によって、3ヶ月しか支払わないというところもあるようですが、主治医が継続して治療が必要と判断すれば、治療費の支払いを伸ばしてもらえることもあります。おおよその目安としては、6か月程の通院であれば,保険会社も治療費を支払い続けることが多いといえます。

むち打ちは,正確な診断名としては、頸椎捻挫外傷性頚部症候群などと呼ばれます。平たい言い方をすれば、首又は腰の捻挫といえますが、交通事故で首又は腰に不自然な強い力がかかったことで、その周辺の筋肉や神経が傷ついたことによるものととらえるとよいでしょう。

保険会社の担当者は、「むち打ちの場合には3ヶ月で症状固定となる」というような説明で,治療費の打ち切りを打診してくることがあります。とくに、任意保険会社が自賠責保険の支払いを立て替えて、任意保険の賠償金と一括にして被害者に支払い、自賠責保険にはその支払い限度額の範囲で求償を受けるという、一括払い対応の際にこのように言われることが多くあります。

しかし、症状固定時期の判断は、医学的な判断であるため、保険会社の担当者ではなく、医師が行うべきものです。したがって、保険会社の担当者から、打ち切りを打診された場合には、医師と相談し、医学的な必要がある場合には、その旨を担当者に説明して治療を続けることが必要です。そのためには、適切な頻度で通院し、医師に症状について具体的に伝えておくことが重要になります。

もし保険会社から治療費の打ち切りを求められた時には、まずは弁護士にご相談ください。弁護士は、ご相談時点での怪我の症状を踏まえて、保険会社と治療の継続についても交渉することができます。たとえば、3か月で打ち切りを打診されたとしても、そこから弁護士が対応することで6か月まで延長できることもあります。まずはお早めにお気軽にご相談ください。

  • むち打ちは3ヶ月で症状固定と言って、治療費の支払い打ち切りをしてくる保険会社もある
  • 症状が続いていて、主治医が継続した治療が必要であると判断しているのであれは、その旨を保険会社に伝える