弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故のケガで視力が低下しました。後遺障害は認められますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 交通事故のケガで視力が低下しました。後遺障害は認められますか?

Answer

交通事故による怪我で視力が低下した場合、後遺障害に該当する可能性があります。

後遺障害の種類としては以下のようなものがあります。

  • ① 視力障害:視力低下にともなう障害
  • ② 調節障害:調節機能低下にともなう障害
  • ③ 運動障害:まぶたの開閉運動機能にかんする障害
  • ④ 視野障害:視野が狭くなったことにともなう障害

眼の後遺障害の等級と内容は下記のとおりです。                      

〈両目〉

両眼が失明したもの 1級1
1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの 2級1
両眼の視力が0.02以下になったもの 2級2
1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの 3級1
両眼の視力が0.06以下になったもの 4級1
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの 5級1
両眼の視力が0.1以下になったもの 6級1
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの 7級1
両眼の視力が0.6以下になったもの       9級

〈一眼〉

1眼が失明し又は1眼の視力が0.02以下になったもの 8級1
1眼の視力が0.06以下になったもの 9級2
1眼の視力が0.1以下になったもの 10級1
1眼の視力が0.6以下になったもの 13級1

失明は、眼球をうしなったもの、明暗がわからないもの及びようやく明暗がわかるものを指します。

なお、矯正視力をしている場合は、裸眼の度数ではなく、矯正視力の度数を基準として判断することになります。つまり、強制視力の度数と交通事故によって落ちた視力の度数の差を支払うことになります。

視力低下が、交通事故後の視力検査によって認められたとしても、交通事故との因果関係が証明されなければ後遺障害の等級認定はされません。

  • 交通事故のケガで視力が低下した場合、後遺障害等級の認定を受けることがある
  • 後遺障害の等級認定を受けるには、交通事故と視力低下の因果関係が証明されなければならない