弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故のケガで眼のピントが合わなくなりました。後遺障害として認められますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 交通事故のケガで眼のピントが合わなくなりました。後遺障害として認められますか?

Answer

交通事故により目をケガした場合、後遺障害に該当する可能性があります。

後遺障害の種類としては以下のようなものがあります。

① 視力障害:視力低下にともなう障害
② 調整障害:調整機能低下にともなう障害
③ 運動障害:まぶたの開閉運動機能にかんする障害
④ 視野障害:視野が狭くなったことにともなう障害

ピントが合わないという問題は調整障害にあたります。眼の調整機能障害における後遺障害は

両眼の眼球に著しい調整機能障害を残すもの 11級
1眼の眼球に著しい調整機能障害を残すもの 12級

となります。眼球に著しい調整機能障害を残すものというのは、調整力の損傷を受けなかった他眼よりも、眼球の調整力が2分の1以下になったということをいいます。年齢別の調整力の基準があり、以下のとおりになっています。

年齢とともにこの調整力は衰えていきます。

 ただし、眼に損傷のない状態で調整力が1.5以下の場合や、55歳以上の場合は、後遺障害認定されません。

  • 交通事故のケガで目のピントが合わなくなった場合、後遺障害の等級認定を受ける可能性がある
  • 目の調整機能は年齢とともに衰えるので、55歳以上の場合は後遺障害は認められない