弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故で歯が折れた場合の後遺障害と、口の後遺障害について教えてください。

HOMEよくある質問後遺障害について > 交通事故で歯が折れた場合の後遺障害と、口の後遺障害について教えてください。

Answer

交通事故のケガで歯が折れた場合、後遺障害に該当します。この場合折れた歯が4分の3以上破損していることが条件となります。

14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 10級4
10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 11級4
7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 12級3
5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 13級5
3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 14級2

この歯は永久歯のことを指し、乳歯は含まれません。また親知らずや、交通事故前から歯科補綴している歯も含まれません。

その他口に関する後遺障害は咀嚼に関するものと、言語に関するもの、味覚に関するものがあります。咀嚼と発声に関する後遺障害の等級表は以下のとおりです。]

咀嚼及び言語の機能を廃したもの 1級2
咀嚼又は言語の機能を廃したもの 3級2
咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの 4級2
咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの 6級2
咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの 9級6
咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの 10級3

咀嚼機能に著しい障害を残すものとは、おかゆやおかゆと同程度の食べ物や飲み物以外が接種できないことも意味します。

咀嚼に障害があるかどうかは、上下のかみ合わせ、歯の配列の状態、下あごの開閉運動の3つを総合的に判断して、医学的にみて咀嚼への支障があることが前提となります。

言語に関する後遺障害があるかどうかは、4種の語音(口唇音、歯舌音、口蓋音、咽頭音)について発声できるかで判断することになります。

口唇音 ぱ行音、ば行音、ふ、ま行音、わ行音
歯舌音 さ行音、しゅ、し、ざ行音、しゅ、た行音、だ行音、な行音、ら行音
口蓋音 か行音、が行音、ぎゅ、にゅ、ひ、や行音
咽頭音 は行音

言語の機能を廃したものとは3音以上が発音できなくなったものを指し、言語の機能に著しい障害を残すものとは、2種類以上の発音ができなくなったもの、綴音に障害があり言語での意思疎通ができないものを指します。

味覚に関する後遺障害は味覚脱失(12級)、味覚減退(14級)があります。味覚には、甘味、塩味、酸味、苦味がありますが、味覚脱失はこの4つ全てが全く感じられなくなる障害のことをいいます。味覚減退は4つのうち1つ以上の味覚が全く感じられなくなることをいいます。

  • 交通事故で歯が折れた場合、後遺障害に該当することがある
  • その他口に関する後遺障害としては、咀嚼に関するもの、言語に関するもの、味覚に関するものがある