弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

事故で肩腱板断裂になりました。後遺障害について教えてください。

HOMEよくある質問後遺障害について > 事故で肩腱板断裂となりました。後遺障害について教えてください。

Answer

肩腱板断裂により肩関節の可動域が制限されたり、痛みなどの神経症状が残ったりといった後遺障害が残ることがあります。

肩腱板とは、肩関節付近の4つの筋肉の腱で構成されています。肩腱版損傷とはこの4つの筋肉の腱が部分断裂または完全断裂することをいいます。これにより、自力では腕を持ち上げることができなくなります。
肩腱板断裂により肩関節の可動域が制限されたり、痛みなどの神経症状が残ったりといった後遺障害が残ることがあります。

肩関節の可動域制限

肩関節の可動域が健側と比べて2分の1以下に制限されるもの  10級10号
肩関節の可動域が健側と比べて4分の3以下に制限されるもの 12級6号

また、前述のとおり肩腱板断裂により自分では腕を上げられなくなりますが、他人が持ち上げた場合は腕が上がることがあります。しかし、後遺障害の等級認定においては、他動における可動域を測定し、制限があるかどうかを判断しますので、他動で可動域制限がない場合は後遺障害の等級は認定されません。

肩腱板断裂の受傷後経過で、関節の拘縮が生じることがありますが、この拘縮は他動の可動域制限数値が表れるため、後遺障害の等級認定がされることになります。

神経症状

局部に頑固な神経症状を残すもの(画像所見などにより、神経症状の発生を医学的に証明できるもの) 12級13号
局部に神経症状を残すもの(医学的には証明できなくても、被害者の自覚症状を医学的に説明できるもの) 14級9号

 

肩腱板裂傷における後遺障害の等級認定を受けるためには、肩腱板裂傷と交通事故に因果関係があること、MRI、レントゲンなどの画像診断から肩腱板断裂や損傷が確認できることがポイントとなってきます。肩腱板断裂、損傷は、高齢者の場合交通事故以前から存在している場合もあり、保険会社と、交通事故との因果関係が争われることもあります。保険会社と因果関係についてトラブルになるそうであったら、弁護士に相談してみましょう。

  • 肩腱板断裂となった場合、可動域制限や痛みといった神経症状が残ることがあり、後遺障害として認められる可能性がある