弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

肘関節の可動域制限について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 肘関節の可動域制限について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

Answer

肘関節は上肢における三大関節の一つです。この肘関節は3つの関節からなるもので、屈折と進展が120度以上可動しなければ、食事をとる動作ができなくなり、日常生活に多大なる影響を及ぼします。

肘関節の後遺障害の等級は以下の通りです。

1 関節の用を廃したといえる場合

1上肢の3大関節の中の1関節の用を廃したもの 8級6号

2 関節の可動域が健側の関節と比べ2分の1以下に制限されている場合

1上肢の3大関節の中の1関節の機能に著しい障害を残すもの 10級10号

3 関節の可動域が健側の関節と比べ4分の3以下に制限されている場合

1上肢の3大関節の中の1関節の機能に障害を残すもの 12級6号

1の「用を廃したもの」とは、強直という関節がまったく可動しない状態か、またはこれに近い状態のことをさします。

  • 肘関節は上肢における三大関節の一つ
  • 肘関節は3つの関節からなるもので、屈折と進展が120度以上可動しなければ、食事をとる動作ができなくなる