弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

TOS(外傷性胸郭出口症候群)について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > TOS(外傷性胸郭出口症候群)について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

Answer

TOSとは胸郭出口症候群というもので、胸郭出口というところの圧迫により、そこを通る神経や血管が圧迫されることによって生じる症状のことをいいます。

TOSの主な症状として神経症状(頭痛、肩こり、上肢のしびれ、痛み、握力の低下等)と血管症状(皮膚が白くなったり、痛みをともなったりする血行障害、感覚が鈍くなる感覚障害)がおきます。

TOSにより引き起こされた神経症状は以下の後遺障害の等級認定を受けることがあります。

局部に頑固な神経症状を残すもの(画像所見などにより、神経症状の発生を医学的に証明できるもの) 12級13号
局部に神経症状を残すもの(医学的には証明できなくても、被害者の自覚症状を医学的に説明できるもの) 14級9号

 

しかし、TOSは後遺障害の等級認定を受けることが難しいという現状があります。それは、TOSがなで肩や筋肉質というような体質・体格的素因によって引き起こされること、他覚症状の証明が難しいという理由から、交通事故によりTOSを発症したということの証明が難しいためです。

後遺障害等級の認定をうけるためには上記交通事故とTOSの因果関係を証明することと症状を医学的に証明又は説明する必要があります。専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。

  • TOSとは胸郭出口症候群というもので、胸郭出口というところの圧迫により、そこを通る神経や血管が圧迫されることによって生じる症状のことをいう
  • TOSによる神経症状は、後遺障害の等級認定を受けることがある