弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

橈骨遠位部を骨折しました。後遺障害について教えてください。

HOMEよくある質問後遺障害について > 橈骨遠位部を骨折しました。後遺障害について教えてください。

Answer

橈骨遠位端骨折の後遺障害としては、機能障害、神経障害、変形障害、偽関節の後遺障害があります。

橈骨とは、前腕骨2本の骨の親指側の骨のことをいいます。橈骨遠位端とは、橈骨の手首に近い部分のことを指します。交通事故におけるこの橈骨遠位端骨折は、地面に手をついたときによく生じるものといわれています。
症状としては、痛み、腫れ、皮下出血、変形があり、後遺障害が残る場合もあります。橈骨遠位端骨折の後遺障害としては、機能障害、神経障害、変形障害、偽関節の後遺障害があります。

運動障害

手関節の用を廃したといえる場合

8級6号

手関節の可動域が健側の手関節と比べ2分の1以下に制限されている場合

10級10号

手関節の可動域が健側の手関節と比べ4分の3以下に制限されている場合 12級6号

神経障害

局部に頑固な神経症状を残すもの(画像所見などにより、神経症状の発生を医学的に証明できるもの) 12級13号
局部に神経症状を残すもの(医学的には証明できなくても、被害者の自覚症状を医学的に説明できるもの) 14級9号

 

変形障害

骨折が治癒しても、元のとおりに癒合せず変形したままでくっついてしまう癒合不全のことを指します。

長管骨に変形を残すもの 12級8号

具体的に以下のようなことを指します。

  1. 橈骨と尺骨の両方が15度以上屈曲して癒合した場合
  2. 上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部に癒合不全がある場合
  3. 橈骨又は尺骨の骨幹部等に癒合不全を残すが、硬性補装具を必要としない場合
  4. 上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損した場合
  5. 橈骨の直径が2分の1以下に減少した場合

偽関節の後遺障害

骨がくっつくことをやめてしまい、骨折部分が関節のような状態になることを偽関節といいます。橈骨遠位端骨折ではあまりみられないケースではあります。

1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
(橈骨および尺骨の両方の骨幹部等に偽関節を残し、常に硬性補助具を必要とするもの)
7級9号
1上肢に偽関節を残すもの
( 橈骨および尺骨の両方の骨幹部等に偽関節を残すが、常には硬性補助具を必要としないもの
橈骨または尺骨のいずれかの骨幹部等に偽関節を残すもので、時々硬性補助具を必要とするもの )
8級8号
  • 橈骨とは、前腕骨2本の骨の親指側の骨のこと
  • 橈骨遠位端骨折により、機能障害、神経障害、変形障害、偽関節といった障害が残った場合、後遺障害の等級認定を受けることがある