弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

上肢・下肢の「3大関節」「機能障害」について教えてください。

HOMEよくある質問後遺障害について > 上肢・下肢の「3大関節」「機能障害」について教えてください。

Answer

上肢とは肩関節・肘関節・手関節までの3大関節及び手指の部分をいいます。 下肢とは、股関節・ひざ関節・足関節までの3大関節及び足指の部分をいいます。

手関節から先は、手指として後遺障害等級認定の対象として特に別異に取り扱われることになります。

欠損障害

両上肢をひじ関節以上で失ったもの 1級6
両上肢を手関節以上で失ったもの 2級3
1上肢をひじ関節以上で失ったもの 4級4
1上肢を手関節以上で失ったもの 5級2

 

変形障害

1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの 7級9
1上肢に偽関節を残すもの 8級8

機能障害

両上肢の用を全廃したもの 1級4
1上肢の用を全廃したもの 5級6
1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの 6級6
1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級6
1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの 10級10
1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの 12級6

機能障害とは、「上肢の用を廃したもの」「関節の用を廃したもの」「関節の機能に著しい障害を残すもの」「関節の機能に障害を残すもの」をいいます。

上肢の用を廃した」とは、3大関節のすべてが強直し、かつ、手指の全部の用を廃したものをいいます。強直したとは、関節の完全強直またはこれに近い状態にあるものをいいます。いわば関節が完全に動かなくなったか、これに近いような状態にあるものを指します。

関節の用を廃した」とは、(1)関節が強直したもの、(2)関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの、または、(3)人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているものをいいます。
(1)関節が強直したとは、関節の完全強直又はこれに近い状態にあるものをいいます。いわば関節が完全に動かなくなったか、これに近いような状態にあるものを指します。これに近い状態とは、関節の可動域が健側の10%程度以下に制限された場合をいい「10%程度」とは、健側の関節可動域角度(せき柱にあっては、参考可動域)の10%に相当する角度を5度単位で切り上げた角度とされています。

関節の機能に著しい障害を残すものとは、(1)関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの、(2)人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの以外のものをいいます。

関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されているものをいいます。

まとめると、上肢機能障害とは、上肢部分の肩関節・肘関節・手関節のいずれかが動かなくなるか動きが制限されるようになってしまったこと、あるいは肩関節、肘関節、手関節及び手指関節の全てが動かなくなってしまったことをいうのです。

 下肢とは、股関節・ひざ関節・足関節までの3大関節及び足指の部分をいいます。

後遺障害等級認定においては、股関節と、ひざ関節と、足関節(足首のこと)を特に下肢3大関節と呼びます。足関節から先は、足指として後遺障害等級認定の対象として、特に別異に取り扱われることになります。

欠損障害

両下肢をひざ関節以上で失ったもの 1級5
両下肢を足関節以上で失ったもの 2級4
1下肢をひざ関節以上で失ったもの 4級5
両足をリスフラン関節以上で失ったもの 4級7
1下肢を足関節以上で失ったもの 5級5
足をリスフラン関節以上で失ったもの 7級8
1下肢を5センチメートル以上短縮したもの 8級5
1下肢を5センチメートル以上短縮したもの 8級5
1下肢を3センチメートル以上短縮したもの 10級8
1下肢を1センチメートル以上短縮したもの 13級8

変形障害

1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの 7級10
1下肢に偽関節を残すもの 8級9

機能障害

両下肢の用を全廃したもの 1級6
1下肢の用を全廃したもの 5級7
1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの 6級7
1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級7
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの 10級11
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの 12級7