弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

足関節可動域制限について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 足関節可動域制限について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

Answer

足関節は足首の関節のことをさします。交通事故により、足関節の骨折をした場合、可動域制限といった運動障害が後遺障害として残る可能性があります。後遺障害の内容は以下のとおりです。

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級7号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ2分の1以下に制限されている場合) 10級11号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ4分の3以下に制限されている場合) 12級7号

可動域については、角度計を使用して医師や理学療法士に正確に可動域の測定をしてもらうようにしましょう。これは、症状固定後だけでなく、症状固定前から測定しておくことが重要です。

  • 足関節は足首の関節のこと
  • 足関節の可動域制限が運動障害として後遺障害の等級認定を受けることがある