弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

大腿骨転子部骨折について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 大腿骨転子部骨折について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

Question

交通事故により、大腿骨転子部を骨折しました。
現在は立つことも歩くこともままなりません。後遺障害は残存するのでしょうか。その場合は何級になりますか。

Answer

大腿骨転子部は太ももと骨盤がくっついている骨頭の下、頚部(くびれ部分)のさらに下、出っ張っている部分のことをいいます。
足の付け根付近の骨です。小指側を大転子、親指側を小転子といいます。

交通事故では、下半身に強い衝撃が加わると骨折が起きます。事故直後から足の付け根に激しい痛みを生じ、立つことも歩くこともできなくなります。
ただし、大腿骨転子部骨折は血行のよいところであるため、骨癒合は比較的良好とされています。そのため、被害者が若年であれば後遺障害は残存することなく、治癒することがほとんどです。

一方で、大腿骨転子部骨折により股関節が動かしづらくなり、可動域制限が生じることや、下肢の短縮、また痛みといった神経症状が生じます。これらは後遺障害の等級認定を受ける場合があります。後遺障害の等級は以下の通りです。

運動障害

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級7号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ2分の1以下に制限されている場合) 10級11号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ4分の3以下に制限されている場合) 12級7号

短縮障害

5㎝以上短縮した場合 8級5号
3㎝以上短縮した場合 10級8号
1㎝以上短縮した場合 13級8号

神経症状

局部に頑固な神経症状を残すもの(画像所見などにより、神経症状の発生を医学的に証明できるもの) 12級13号
局部に神経症状を残すもの(医学的には証明できなくても、被害者の自覚症状を医学的に説明できるもの) 14級9号

また、裁判基準における後遺障害慰謝料は以下のとおりです。

8級 830万円
10級 550万円
12級 290万円
13級 180万円
14級 110万円
  • 大腿骨転子部とは太ももと骨盤がくっついている骨頭の下、頚部のさらに下の出っ張っている骨のこと
  • 血流のいい部分であるため、骨癒合は良好である
  • 大腿骨転子部骨折で、運動障害、下肢の短縮、神経症状が残った場合、後遺障害の等級認定を受けることがある