弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

足関節果部骨折について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

HOMEよくある質問後遺障害について > 足関節果部骨折について教えてください。後遺障害はどうなりますか?

Answer

足関節果部とは、小指側の腓骨の一部である外果と親指側の脛骨の一部である内果のことをさします。くるぶしといわれている部分です。交通事故では、歩行していて車にひかれたり、バイクや自転車から転倒したりして、骨折を引き起こします。

症状としては、足首周辺の強い痛み、皮下出血、腫れ、変形等があります。また靭帯損傷を併発することもあります。後遺障害としては、足関節の可動域制限といった運動障害、痛みといった神経症状が等級認定されることがあります。後遺障害の内容は以下のとおりです。

運動障害

1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級7号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ2分の1以下に制限されている場合) 10級11号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(関節の可動域が健側の関節と比べ4分の3以下に制限されている場合) 12級7号

神経症状

局部に頑固な神経症状を残すもの(画像所見などにより、神経症状の発生を医学的に証明できるもの) 12級13号
局部に神経症状を残すもの(医学的には証明できなくても、被害者の自覚症状を医学的に説明できるもの) 14級9号

後遺障害の等級認定においては、他動における可動域を測定し、制限があるかどうかを判断しますので、他動で可動域制限がない場合は後遺障害の等級は認定されません。また、可動域については、角度計を使用して医師や理学療法士に正確に可動域の測定をしてもらうようにしましょう。これは、症状固定後だけでなく、症状固定前から測定しておくことが重要です

  • 足関節果部とは、小指側の腓骨の一部である外果と親指側の脛骨の一部である内果のことをさす
  • 足関節果部骨折により、運動障害、神経症状が残った場合、後遺障害の等級認定を受けることがある