弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

警察署に人損事故の届け出をしていなくても、自賠責保険からケガの治療費の支払いを受けられますか?

HOMEよくある質問保険について > 警察署に人損事故の届け出をしていなくても、自賠責保険からケガの治療費の支払いを受けられますか?

Answer

可能です。しかし、その場合は人身事故証明書入手不可能理由書というものを提出しなければなりません。

交通事故で受傷した場合、病院で医師の診察を受けて、診断書を警察署に提出することで、事故が人身事故となります。ただ、現実には、公道以外の場所で発生した事故であったから、怪我が軽かったので診断書を出さなかった、事故当日は怪我の痛みはなかったが後日痛みが出てきたなど、物損事故のまま怪我の治療をすることがあります。このとき、自賠責保険は、人身事故にしていなかったのかを確認したのちに、自賠責保険で支払いができるかどうかの判断をします。このどうして人身事故にしなかったのかの確認を行うための書類が、人身事故証明書入手不可能理由書です。

理由としては、前述のような理由が主に書かれるものです。しかし、ある程度正当性がなければなりませんので、注意が必要です。

また、人損事故にしないことで被害者にはリスクが生じることがあります。例えば、怪我が軽微であったからという理由で、相手方保険会社が早めに治療費の打ち切りを言ってきたり、後遺障害等級認定を取ることが難しくなったりするリスクです。むち打ちは画像所見がなく、等級認定の判断が難しい場合があります。その際に、事故が物損扱いのままになっていると、被害者は事故当時軽微な怪我と認識していたというところで、後遺障害の等級認定に影響が出る可能性があります。 交通事故に遭って怪我をした場合、軽微であると感じていても、仕事が忙しく時間を取ることが難しくても、医師の診断を受け、診断書を警察署に提出して、人身事故扱いにしてもらうことが重要です。

  • 人身事故の届け出をしていなくても、自賠責保険でケガの治療は受けられる
  • その際は人身事故証明書入手不可能理由書というものを提出しなければならない