弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故証明書について教えてください。

HOMEよくある質問保険について > 交通事故証明書について教えてください。

Question

交通事故証明書とはどういったものでしょうか。

Answer

交通事故証明書は、交通事故の事実を確認したことを証明するものです。

交通事故証明書は警察に事故の通報があって、実況見分調書が作成されて、その実況見分調書に基づいて作成されるものです。
交通事故証明書には、交通事故日、時間、場所、当事者の住所氏名生年月日、人身事故や物損事故か等、交通事故に関する情報が記載されています。当事者の欄は、甲乙と記載されています。一般的に過失割合が高い方を甲、低い方を乙として記載されているといわれますが、具体的な過失割合を示すものではありません。客観的情報のみ記載されていると考えてください。

交通事故証明書は人身事故でも物損事故でも作成されますが、人的被害があり、人身事故として警察に届け出る場合は、医師の作成した診断書を一緒に提出する必要があります。
人的被害があるにも関わらず、人身事故の届出をしなかった場合、後の補償について支障が出る可能性があります。人的被害がある場合は、必ず診断書を提出し、人身事故の届出をしましょう。

交通事故証明書は、交通事故の当事者と公布によって正当な利益を受ける人が申請して取得することが可能です。申請方法は複数あります。
いずれも発行手数料が発生しますので、ご自身でご確認ください。

  1. 自動車安全運転センターの窓口で申請
  2. 郵便振替による申請→交番、警察署等で申請書を取得します
  3. インターネットによる申請

交通事故証明書の申請は期限があります。物損事故は事故発生から3年、人損事故は事故発生から5年ですので注意が必要です。

  • 交通事故証明書は交通事故の事実を確認したことを証明するもの
  • 客観的事実のみ記載されている
  • 取得方法は複数ある