弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620

交通事故で自賠責保険が支払われる場合を教えてください。

HOMEよくある質問保険について > 交通事故で自賠責保険が支払われる場合を教えてください。

Question

交通事故に遭いました。調べたところ、相手方が加入している自賠責保険から保険金が支払われるという記載を見かけました。
どのような場合に、自賠責保険は支払われるのですか。

Answer

自動車の所有者その他の自動車を使用する権利を有する者で、事故のために自動車を運行の用に供する保有車が、他人の生命又は身体を害したときに、これによって生じた損害を賠償するという責任を負うとき支払われます。


自賠責保険(共済)は、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補填することにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としています。そのため、自賠責保険・共済は、一般車道を走る自動車、バイクなどの車両は必ず加入しなければならない強制保険です。加入しないと、1年以下の懲役、50万円以下の罰金、免許制止などの処分が科せられます。

被害者救済を目的としたものであるため、自損事故や物損事故には自賠責保険・共済金は支払われません。任意保険での補償となります。

自賠責保険・共済の補償限度額は

  • ・死亡の場合 3000万円
  • ・傷害の場合 120万円
  • ・後遺障害の場合 75万円~4000万円

となっており、後遺障害の場合は認定等級によって金額が変わってきます。

自賠責保険・共済は原則一括支払いとなります。被害者の当座の生活日として仮渡金として支払われることもあります。また、保険金の請求は被害者、加害者どちらでも可能です。

  • 自賠責保険は強制加入保険
  • 交通事故に遭った被害者救済のための制度であるため、怪我の補償のみである