弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

自賠責保険の一括払いについて教えてください。

HOMEよくある質問保険について > 自賠責保険の一括払いについて教えてください。

Answer

一括払いとは、自賠責保険と任意保険をまとめて請求する方法です。

自動車保険には2種類あり、自賠責保険は被害者救済を目的として強制加入の保険に対し、任意保険は様々な種類の保険があり、自賠責の範囲外をカバーしています。通常、交通事故で受傷した場合、怪我が軽微であったら、自賠責保険の支払いのみで終了して、任意保険の支払いは受けません。一方、自賠責保険には限度額があるため、自賠責保険の限度額以上の損害が生じた場合は、その不足部分を任意保険から支払いを受けることになります。この2重の支払いを、任保険会社のみが行うことを一括支払いといいます。

一括支払いとは

任意保険会社が自賠責保険の支払いを立て替えて、任意保険の賠償金と一括にして被害者に支払い、自賠責保険にはその支払い限度額の範囲で求償を受けるというものです。被害者が自賠責保険と任意保険それぞれに請求する手間がはぶけるため、この一括払いが一般的に行われています。

一方で、一括払いにはデメリットもあります。それは、怪我の治療期間が長引いた場合、治療費の支払いを打ち切られる可能性があるということです。治療が長引き、自賠責の限度額を超えた時点で、任意保険会社が早期に打ち切りを言ってきたり、実際治療費の打ち切りをされたりすることがあります。

また、一括払いは示談成立が条件となっています。一括支払いを受けるためには示談を成立させないとできないと言って、被害者側に迫る保険会社もなくはありません。

さらに一括支払いの場合、後遺障害の等級認定申請も任意保険会社が行います。これを事前認定といいます。この事前認定を加害者の味方である任意保険会社に任せてしまうということは、被害者にとって不利にはたらく可能性があります。

任意保険は被害者に過失がある場合、その過失に応じて賠償額が減額されますが、自賠責保険の場合、被害者の過失が7割以上でないと減額されません。ですので、被害者の過失が大きい場合は、自賠責保険の支払いを受けた方がメリットは大きくなります。

このように一括請求には細かくデメリットが存在します。早期に示談が成立しそうにない場合は、自賠責保険への請求を被害者自身で行う被害者請求というものがあります。任意保険会社を介することなく行えますので、治療費支払打ち切りの打診を受けた場合などは、被害者請求をお勧めします。

  • 一括支払いとは 自賠責保険と任意保険をまとめて請求する方法
  • 被害者が自賠責保険と任意保険それぞれに請求する手間がはぶけるため、この一括払いが一般的に行われている
  • 一括払いにはメリットもデメリットもある