弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

弁護士費用特約とはどういうものですか?

HOMEよくある質問保険について > 弁護士費用特約とはどういうものですか?

Answer

依頼者に代わって保険会社が弁護士費用を支払うという特約のことです。

交通事故に遭った際に弁護士に依頼をすると、相手方や相手方保険会社との示談交渉や裁判等をしてくれますが、弁護士に依頼するには弁護士費用がかかります。しかし、任意保険に弁護士費用特約を付帯しておくと、この弁護士費用は保険会社から支払われることになります。つまり、依頼者に代わって保険会社が弁護士費用を支払うという特約のことを弁護士費用特約といいます。弁護士費用特約の費用限度はおよそ300万円に定められています。

つまり、依頼者は相談料や着手金をはじめとした弁護士費用を気にせずに、弁護士に依頼することができるのです。これは大きなメリットといえます。

弁護士費用特約の加入率は7割程度あるにも関わらず、その利用率が1割程度というデータがあるように、弁護士費用特約に加入していても、それを利用していない人が多いようです。上記のように交通事故の被害者となってしまった加入者にとっては、メリットが大きいものになります。
交通事故に遭ってしまったら、まずご自身の任意保険に弁護士費用特約が付帯しているか確認しましょう。

弁護士費用特約は追突やもらい事故といった被害者の過失がない場合の事故で、被害者契約の任意保険示談代行サービスが使えない場合を想定しています。被害者の過失が0であれば、被害者契約の任意保険会社は保険金を支払う責任もありませんので、そもそも示談の場に出てきません。そのような場合、被害自らが相手方保険会社であったり、相手方と直接示談交渉せねばならなくなります。しかし、交通事故で怪我をして通院している状態で、日常生活を送りながら相手方との示談交渉は、大きな負担となります。弁護士に依頼することで、この負担がなくなり、また弁護士基準で示談交渉を進めてもらえるというメリットもあります。

また、弁護士費用は利用しても、保険料の等級に影響はありません。被害者本人の契約保険でなくても、配偶者や家族契約の保険に弁護士費用特約がついていれば、利用できる場合もあります。

  • 弁護士費用特約は、依頼者に代わって保険会社が弁護士費用を支払うという特約
  • 弁護士費用特約は利用しても保険料の等級に影響はない