弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故のケガの治療に健康保険は使えますか?

HOMEよくある質問保険について > 交通事故のケガの治療に健康保険は使えますか?

Answer

利用可能です。

健康保険は、被保険者の疾病、負傷、出産、死亡に関して必要な保険給付を目的とした制度で、政府管掌健保、共済組合健保、国民健康保険などの種類があります。原則として交通事故による怪我の通院は、健康保険を利用して、医師の診察を受けることが可能です。

健康保険を利用するメリットとなる場合として、まず相手方が任意保険に加入していない場合があります。一旦被害者が怪我の治療費を立て替えて、その後自賠責保険に請求することになりますが、自由診療では治療費の全額負担になります。自賠責保険は120万円が上限額なので、治療費だけでその枠を使い切ってしまい、慰謝料や休業損害等を受け取れない可能性が出てきます。一方保険診療の場合は、自己負担のみを支払えばよくなるので、自賠責保険の枠内における治療費の占める割合が減ります。慰謝料や休業損害を受け取る余地が生まれます。
また、被害者の過失が大きい場合にも健康保険で診療することで、過失割合分の負担を減らすことができます。

一方で、デメリットもあります。自由診療に比べて保険診療は健康保険法による薬剤の種類やリハビリ回数といった制限があることです。一般的な治療に関しては大きな差はないですが、重症の場合は自由診療では先進医療が受けられたり、保険適用外の薬を使用できたり、高度な内容の治療を受けることができます。

また、病院によっては、保険対応していないところもあります。その場合は病院を変えることも視野にいれることが必要です。

  • 交通事故のケガの治療に健康保険は使うことができる
  • 健康保険を利用するメリットもデメリットもある