弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故の傷病手当金について教えてください。

HOMEよくある質問保険について > 交通事故の傷病手当金について教えてください。

Answer

傷病手当は、病気や怪我といった業務外の事情で会社を一定期間休まざるを得なくなり、その間給与が支給されないときに、社会保険に基づき標準報酬月額の3分の2の金額が支給される制度です。

休業損害と同じ性質の補償になるため、両方を受け取ることはできません。傷病手当給付分は損害賠償金の総額から控除されます。

傷病手当を受給するためには、以下の条件全てにあてはまる必要があります。

  1. 業務外の事由による怪我や病気で療養していること
  2. 療養のため仕事に就くことができないこと
  3. 連続する3日間(待期期間)を含み、4日以上仕事を休んでいること
  4. 休業している期間給与の支払いがないこと

業務上の交通事故は、労災保険の適用となるため、傷病手当は受給できません。

連続する3日間の待期期間を経て4日目以降からが支給対象となります。

有給休暇使用等で一部給与が支払われている場合、その金額が傷病手当より低くければ、差額が支給されます。

傷病手当の支給金額は、標準報酬月額30日×3分の2で算出します。標準報酬月額とは傷病手当受給開始日以前の12か月間の給与、賞与、手当などの総額を12で割って算出します。

傷病手当は支給が開始した日から最長1年6か月支給されます。

また、以下のようなときには傷病手当の支給は停止されます。

  • ・健康保険の資格喪失後に老齢(退職)年金が受けられるとき
  • ・障害厚生年金または障害手当金が受けられるとき
  • ・労災保険の休業補償給付が受けられるとき
  • 傷病手当とは病気や怪我といった業務外の事情で会社を一定期間休まざるを得なくなり、その間給与が支給されないときに、社会保険に基づき標準報酬月額の3分の2の金額が支給される制度のこと
  • 条件にあてはまれば、受給可能