弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

示談交渉を弁護士に依頼するメリット

HOME > 示談について>示談交渉を弁護士に依頼するメリット

示談交渉を弁護士に依頼するメリット

交通事故の対応を弁護士に依頼するメリットとしては、主に次の3つがあります。
①賠償金額を増額できること
②示談交渉自体のストレスから解放されること⓷安心できるアドバイスを得られること

 ここでは、この3つの内、特に②の示談交渉のストレスからの解放について、詳細にご説明いたします。

 そもそも交通事故の被害に遭われた方の内、過去に示談交渉をされた経験のある方はどのくらいおられるでしょうか。おそらくは、通常の日常生活を送っていて、金銭的な請求について示談交渉をすることなどほとんどないと思います。つまり、被害者の方々は、このような全く経験のない示談交渉を突然強いられることになります。

 それに対して、その示談交渉の相手方といえば、保険会社の担当者です。保険会社の担当者は、毎日、交通事故の示談交渉を専門に扱っており、いわば示談交渉のプロといわなければなりません。

 このような構造からすれば、示談交渉にあたって、当事者双方の知識や経験などに圧倒的な差があることが理解できます。つまり、示談交渉の前提として、被害者の方が圧倒的に不利な立場にあることになります。

 加えて、被害者の方々は、示談交渉よりも、治療に専念されるべき状況にあります。あるいは、ケガを負いながらも仕事を休むこともできず、無理をしながら仕事に出ることもあります。つまり、被害者の方々は、そもそも示談交渉に集中できる環境にはありません。

 それに対して、示談交渉の相手である保険会社の担当者は、示談交渉を仕事としているわけですから、当然、示談交渉に全力を注いで取り組んでいます。例えば、被害者の方々の治療の状況を直接医師に確認するとか、事故の態様などを調査するなどして、過去の裁判例などを参考にしながら、示談金額をどのように減額できるかを徹底的に検討しています。

 このように、そもそも被害者の方々は、ほとんど示談交渉に集中できない状況で、示談交渉を仕事としている相手と示談交渉することになります。これがいかに不利な状況であるかには多くの説明を要しないと思います。

 上記のように被害者の方々は、圧倒的に不利な状況において示談交渉を強いられているのであり、保険会社の担当者の言い分に納得がいかないとか、その態度に不快な思いをすること多いのは当然といえるかもしれません。このような示談交渉のストレスは、弁護士に依頼することで解放されます。弁護士は、高度な法的知見により保険会社の担当者と示談交渉します。まずは、必ず示談交渉について弁護士にご相談ください。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ