弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

死亡慰謝料の詳細

HOME > 慰謝料について>死亡慰謝料の詳細

死亡慰謝料の詳細

交通事故により被害者が亡くなった場合には、死亡慰謝料を請求することになります。そもそも慰謝料とは、精神的損害に対する賠償ですが、生命を害したことは精神的損害の最たるものといえます。そのため、死亡慰謝料は他の慰謝料との比較という意味においていえば高額な慰謝料額となります。

慰謝料は、裁判手続により争う場合、裁判官の裁量にゆだねられるものですが、実務では、被害者の家庭における地位を基本的な考慮要素として、次のように定型的な額が定められるようになっています。もっとも、その定型的な額から被害者の年齢や事故の態様などを考慮して慰謝料額の増減がなされることになります。

一家の支柱  2800万円
母親、配偶者  2400万円
その他  2000万円~2200万円

 

死亡慰謝料は、高齢者の場合において減額が問題となることがあります。これは、若年者よりも高齢者の方が、すでに人生を享受している度合いが高いということが理由として挙げられます。もっとも、高齢者であるからといって、死亡による精神的損害の程度が深刻であることに疑いの余地もないため、基本的には上記の慰謝料額から離れないような慰謝料額とされています。

また、死亡慰謝料の増額事由としては、次のようなものが一般的に想定されます。

  1. 加害者の過失が重大であったり、事故態様が悪質な場合
  2. 加害者の事故後の態度が著しく不誠実な場合

①については、例えば、飲酒運転とか、ひき逃げなどが典型的なケースといえます。このような交通事故の態様の悪質さや重大さなどは、加害者の刑事手続きにおいても十分に検討されることになります。死亡慰謝料の算定は、そのような加害者の刑事手続きの内容を踏まえることが大切といえます。

②については、例えば、証拠を隠滅したとか、明らかに虚偽の事故態様を述べるなどした場合が典型的なケースといえます。そもそも加害者が罪に向き合う意識がないとなれば、被害者の無念も報われないことになります。そのため、このような事情は慰謝料の算定上も重要な考慮要素となります。これに対して、謝罪やお見舞いがなかったことなどは、なかなか増額事由として認めるまですることには慎重な判断がなされることが多いです。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ