弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

慰謝料について弁護士に相談するメリット

HOME > 慰謝料について>慰謝料について弁護士に相談するメリット

慰謝料について弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

交通事故の対応を弁護士に依頼するメリットとしては、主に次の3つがあります。

  1. 賠償金額を増額できること
  2. 示談交渉自体のストレスから解放されること
  3. 安心できるアドバイスを得られること

ここでは、この3つの内、特に①の賠償金額を増額できることについて、詳細にご説明いたします。

慰謝料の算定基準が変わる

慰謝料の算定には3種類の基準がありますが、その中でも弁護士が採用する弁護士基準が最も高額の慰謝料となります。例えば、14級の後遺障害が認められた場合には、保険会社は後遺障害慰謝料として40万円を提示するなどしてきますが、弁護士基準によれば、後遺障害慰謝料額は110万円になります。つまり、3倍近い慰謝料が認められることになります。この慰謝料の算定は、後遺障害慰謝料のみならず、入通院慰謝料、死亡慰謝料にも同様のことが当てはまります。

加害者側の保険会社は、弁護士が介入していない場合には、弁護士基準によることはなく、保険会社独自の基準により、弁護士基準よりもはるかに低い慰謝料額を提示してきます。

これに対し、弁護士が介入した場合には、訴訟になれば弁護士基準によることになるため、基本的に弁護士基準により慰謝料を算定することになります。

このように、弁護士が介入することで慰謝料の算定基準が変わり、交渉段階から高額な慰謝料が認められることになります。これが端的に弁護士に依頼することの大きなメリットであるといえます。

損害項目の漏れを防ぐ

その他にも、加害者側の保険会社は、弁護士が介入していない場合、本来は賠償するべき損害項目を外して(例えば、入通院慰謝料を単に「慰謝料」とのみ表現して、後遺障害慰謝料の項目を外すなど)、被害者がそのことに気が付いていないに過ぎないにもかかわらず、そのまま賠償金を決めようとすることもあります。

これに対し、弁護士が介入している場合には、弁護士がそのような損害項目を一つ一つ確認しますから、本来賠償されるべき損害項目が漏れてしまうなどということはありません。このことから、そもそも賠償金の項目が増えることもあり、結果として、賠償金額が大幅に増額することもあります。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ