弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

治療費の詳細

HOME > 損害賠償について>治療費の詳細

治療費の詳細

損害賠償金としての治療費

交通事故によりケガをした場合、その損賠賠償金として、まず問題となるのが治療費といえます。治療費の損害賠償を請求するためには、そもそもその治療が医学的見地から見て必要であり、合理性・相当性のある治療行為であることが必要です。これを治療の必要性・相当性などといいます。

例えば、全く必要のない治療をしても治療費の損害賠償を請求することはできないですし、医学的に有効とはいえない治療方法によって治療してもやはりその治療費の損害賠償を請求することはできません。つまり、そのケガの症状を改善するための医学的に合理的な治療を受けることが損害賠償の問題としては必要になるということです。

治療の必要性・相当性が問題となるケース

治療の必要性・相当性が問題となるケースとしては、入院の要否が問題となることがあります。例えば、入院することが必要ないケガにもかかわらず入院した場合や入院する必要があったとしても個室による必要はないのに個室で入院した時などがあります。

このようなケースでは、治療費の全額を損害賠償請求できないこともあるため、事前に加害者側の保険会社から入院についての同意を得ておくとよいといえます。また、医師が入院を不要としている場合には、素直にそれに従っておくことも必要になることがあると思うべきでしょう。例えば、骨折などのないケースや軽度なむち打ちがある程度の時などに医師が入院を不要としているにもかかわらず、無理に入院するようなことをしても、その入院の費用を損害賠償請求することが難しくなると思った方が無難といえます。

鍼灸・マッサージ費用、カイロプラクティック費用等

鍼灸やマッサージなどの費用は、医師の指示がない場合、容易には損害賠償請求できないと思っておくことが無難です。なぜなら、鍼灸やマッサージなどは医師法による医師資格を有しない者による施術であり、その必要性、相当性に対して医学的見地から疑念が生じやすいといえるからです。
実際に、加害者側の保険会社から事前に鍼灸などに通院することの合意を得ていない場合、後になって、その治療費の損害賠償請求をしても、保険会社は往々にして拒否すると考えるべきです。

交通事故のケガの治療は、基本的には、病院によって受けるべきであり、それが困難であるとしても、医師の指示の下、例えば、接骨院などに通院することが必要です。どのような治療であればその費用の損賠賠償を請求できるかは非常に専門的な判断となりますので、一度弁護士に相談されることをお勧めいたします。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ